公益事業

肢体不自由児者の自立と社会参加を図るため、大阪府からの委託・補助を受けて各種レクリエーション事業を実施するほか、共同募金会や各種団体からの助成、多くの方からの寄付金により、自助具の部屋の運営やボランティア育成、多彩なスポーツ・文化活動などの社会参加事業を行っています。

レクリエーション・文化活動

・日帰りレクリエーション ・宿泊レクリエーション
・フレンドシップキャンプ ・親と子の一泊旅行
・雪あそびのつどい    ・クリスマス会
・映画鑑賞会

各種招待行事

・造幣局特別観桜会(造幣局)  
・障がい者と共に絵を描く会(ライオンズクラブ国際協335-B地区4R・2Z)    
・宮様チャリティー・ボウリング大会(関西ボーリング場協会)
・大相撲観戦(日本相撲協会東西会)
・吉本漫才観劇(万代・AGF)
・クリスマス・チャリティ公演 ミュージカル観劇(日産労連)
・スポーツ観戦  等

大肢協・自助具の部屋

ボランティアが中心となって障害のある方に使いよい日常生活器具・道具の開発研究をして、求めに応じて自助具の制作を行うとともに、自助具や福祉機器等に関する情報の提供や講習会の開催・種々の相談に応じています。

ボランティア育成

学生や社会人によるボランティアグループを組織し、当法人で実施する障害児者のレクリエーション活動などの社会参加活動を支援するとともに、それぞれの介助技術高め、障害への理解を深めるための各種研修を行っています。

大肢協「友の会」

肢体不自由児者の相互の親睦と交流をはかるとともに、各々の障害や年齢に応じた諸活動を通じて、大肢協ボランティアグループや各種団体の協力を得ながら、自立と社会参加を目指します。

▲ページの先頭へ