次世代育成支援行動計画

 すべての職員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について 地域に貢献する法人となるため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

  平成29年1月1日~平成31年12月31日までの3年間

2.内容

目標1:子育てや介護を行う職員の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備を進める。

<対策>計画期間中
 ①育児・介護休業法に基づく規程内容(短時間勤務制度、子の看護休暇の時間単位での取得等)の周知。
 ②育児・介護に伴う労働条件、休暇取得等についての相談窓口の明確化。
 ③管理職等への規程内容のレクチャーの実施。
 ④妊娠中や出産直後の女性職員の健康確保について制度、育児休業中における待遇及び育児休業後の労働条件に関する事項について
  周知する。

目標2:働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備を進める。

<対策>計画期間中
 ①時間外労働を減らすための措置の検討・実施。
 ②年次有給休暇の取得促進のための措置の検討・実施。
 ③常勤職員で年次有給休暇を5日以上取得できない職員をゼロにする。

目標3:前項の目標実施を計画的に進める。

<対策>計画期間中
 ①計画策定から1年後に進捗状況を確認し、実施内容を見直す。


▲ページの先頭へ